悩み・問題・解決

人間関係リセット症候群って何?

「人間関係リセット症候群」という言葉を聞いたことがありますか?この言葉は、近年SNSを中心に話題となっています。人間関係リセット症候群とは、ストレスや煩わしさから人間関係をリセットすることを繰り返す逃避行動を伴う症候群を指します。この記事では、その定義、原因、症状、影響、そして対策について詳しく説明します。

人間関係リセット症候群とは?

人間関係リセット症候群は、自分にプラスとなる人間関係もリセットしてしまうためデメリットが多く、後悔で苦しむ人が多いとされています。恋愛や結婚、良好な人間関係構築の面で大きなマイナスとなっていることも指摘されています。この症候群は、現実生活だけでなく、SNSでの人間関係も、衝動的にリセットしたいという衝動に駆られることがあるため、突然アカウントを削除してしまうことがあります。

原因と特徴

人間関係リセット症候群になる人の特徴として、うつ病(その前段階を含む)やHSP(Highly Sensitive Person:高感受性者)、発達障害の人がなりやすいとされています。また、自己効力感が低い、見捨てられ不安がある、完璧主義、ネガティブ思考、ストレス蓄積の人ほど人間関係リセット症候群に陥りやすいとされています。

影響と対策

人間関係リセット症候群は、脳と無意識の許容量が少ないか、負の感情が抑圧過多になっているため、その原因を作った人生の流れを破壊する必要があります。根本原因を洗い出し、短期間で症状を処理できる画期的な誘導施術が開発されています。また、意識的にデジタルデトックスを行い、SNSへの依存度を減らすことで、人間関係リセット症候群の改善にもつなるでしょう。

セルフチェック

人間関係リセット症候群に陥っているかどうかを自己診断するためのセルフチェックも存在します。以下にいくつかの質問を挙げてみましょう。

  1. SNSやメールなどのコミュニケーションツールを頻繁に削除・退会することがあるか?
  2. 何かあるとすぐに人間関係をリセットしたくなるか?
  3. 頻繁に連絡先を削除・整理することがあるか?
  4. 電話やLINEに応答したくないと感じることがあるか?
  5. SNSのフォローを外す・ブロックすることがあるか?

これらの質問に「はい」と答えることが多いほど、人間関係リセット症候群の可能性が高いと言えます。

まとめ

人間関係リセット症候群は、現代社会の新たな問題として注目されています。SNSの普及により、人間関係の構築が容易になった一方で、そのリセットも容易になってしまったのです。この症候群に陥らないためには、自分自身の感情やストレスを適切に管理し、健康的な人間関係を維持することが重要です。

-悩み・問題・解決